ポイズン~たまには身体の叫びに耳を傾けるのもいいかもしれない【第254回】

目安時間:約 5分

(飲食中には、読まない方がよいかと思います。ご了承よろしくお願いします。)

 


帚木蓬生 著『悲素』を読んだ。実名は出さないものの和歌山ヒ素混入カレー殺人事件の話である。1998年に起きた事件だ。

 

1995年には、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた。毒薬によるテロ事件である。後に、私は村上春樹の『アンダーグランド』を読み、サリンというものを知っていく。地下鉄サリン事件、松本サリン事件という言葉を知っていても、サリンが人体にどのような影響をもたらすのか、そのインタビューを読んでて絶句する。

 

わずか、その3年後に和歌山で毒物による事件が発生すると、テロなのか…と思っても不思議ではない。しかし、長き時間をかけて、保険金詐取を毒物を使って行ってきた、一主婦の犯行がカレー事件という惨事を招く。

 

私の父は生命保険会社で、熱心に働いてきて、そして、今日の私があるので、当時の生保の闇、生保企業の持つシステムゆえにこのような事件も起きてしまったことを安易に頷けないところがある。

 

生保に罪は無いが、犯人は、生保で7年間勤め、業績はトップクラス、でも何故、トップを独占し続けたのか、そしてその7年間で得た保険の知識がどういうものだったのか、それを知れば知るほど、身の毛もよだつ…

 

事件当時、父に、話を振ってみた時、怒りと落胆に満ちた表情で、あまり語らない父の姿を思い出す。

 

小説の形を取りつつも、綿密な取材を重ねた、医学の土台もある帚木蓬生が解説する〝サリン〟そして〝砒素〟この目には見えず、いつ、どこに、混入されたり、散布されても分からない毒というものを知れば知るほど、恐ろしくなる。しかし、本当に怖いのは、毒そのものよりも、なぜ?だ。毒を混入し、散布するという《動機》だ。そして、その動機を知っても怒りと恐怖しかわいてこないのだが、動機が意味不明だと、表現できない感情に包まれる。

 

被害者の方々や、そのご家族の方々の心中を察しても、理解することは難しい。

 

砒素が体内に入ったら、どうなっていくのかを、『悲素』では、克明に描いていく。〝吐瀉〟〝吐く〟という症状が砒素が混入された食物を口にして10分内に激しく襲ってくる、短時間に何十回も吐く。病院へ搬送される、そこでも、運命が大きく分かれてしまう。

 

吐くことは止まることがなくひたすら、吐いてしまう。壮絶な苦しみだ。そこで、病院と医者によっては、吐くことを止める薬を投薬する。しかし、そのことが死を招く。

 

吐いて吐いて吐きまくることで実は砒素を吐き出しているのだ。吐くことを止められることで砒素は体内に残ってしまう。

 

日頃から薬を使用することが多い私だからこそ、記すのだが、薬で助かり、感謝もしている。反面、人体のシステムやメカニズムを理解することも大切だ。実は、私の対極にあたるパターンを取っているのが、私の妻である。薬もほぼ飲まず、病院にもほぼ行かない。

 

薬によって助けられるのは、事実であるし、なぜ服用するのか、それは即効性があるからだ。自然治癒とかは、とてもじゃないが待ってられない。

 

ところが、『悲素』を読んでて、人間なめんなよ、人体なめんなよ、という心の叫びも聞こえてくる。

 

嘔吐によって、毒物、毒素を体内から出す。発熱発汗咳鼻水くしゃみ下痢それらが、身体が菌や毒素と戦ったり、身体をリセットさせるためのサインだったりしている。実によく出来ている。それを投薬、服用するというのは、どういうことなのかを時々は考えなければ、ならないのかもしれない。

 

このことを理解出来るならば身体だけではなく、心においても同じことが言えるのではないだろうか…

 

心も嘔吐し、発熱し、下痢もするということであり、それが正常に戻ろうとする作用であるということを…

 

メルマガ登録

このブログでは、毎週日曜日と水曜日に配信しているメルマガからセレクトしてお届けしています。 毎回の記事を読みたい方は、こちらからメルマガに登録してください。


comment closed

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ