このブログでは

目安時間:約 2分

私が、日常の中で感じることをFacebookで発信しています。
私が、日々、
・ひとり脳内会議
・各種のプロジェクトミーティング
・家族の交流
・読書
・映画鑑賞
・久留米市のグルメやスポットやイベント
で感じてることを、ほぼ毎日、Facebookで発信していますが、
このFacebookを母艦として、そこからメルマガ、ブログを発信していこうと思っています。

Facebookの強みは、投稿に添付する〝1枚の写真〟であるということは、
言うまでもありません。それに対して、メルマガは〝文章〟。
〝1枚の写真〟と〝文章〟どちらにインパクトや説得力があるかといえば、それは、明らかに前者でしょう。
しかし、私は、上手い下手は別として、書いて文章で表現するということが、好きであり、できるならば、
それを通じて人をハッピーにさせていければ、どんなに素晴らしいことだろうと思うのです。

好きなことをして、ハッピーな気分になり、人にもハッピーになってほしい、
その思いが、Facebookでは20%くらい伝えてると思いますので、その1つ1つの投稿の背景にある、
情熱や愛情や心情こそ、つまり80%くらいの熱量をもっているその何かをメルマガとブログで発信していきたいと思い、今に至りました。

[cc id=10]


福本よりごあいさつ

目安時間:約 2分

齢50前の私はIT音痴であり、SNS音痴である、mixi、Twitter、Facebook、もう〜何のことやら…である。
しかし、そんな私が3年ほど前から、Facebookに着手した。

父が他界し、母はその後、すぐ癌が発覚。手術、抗がん剤治療で、みるみるうちに、ボロボロになっていく母。ネガティブになり、愚痴が噴出し、嘆く母を前に何の術もない私が、天啓で思いたったのが、何とFacebookだった。

母の故郷は島根県の離島、隠岐の島。私たちが住んでいる九州・福岡からはそんなに簡単に、往来は出来ない状況である。そこで、私は、その隠岐の島在住の方でFacebookを活用されてる方々を見つけては、母がその地の生まれであり、病にかかっており、故郷の〝今〟を伝えていきたいので、友だち申請していただけないでしょうか、とダイレクトメッセージを送信した。

その殆どが、優しき方々で快く申請を受けてくださった。

私は福岡県南部に位置する久留米市に住んでて、母は北部の北九州市で一人暮らしである。
小まめに足を運び、Facebookの説明をして、故郷の〝今〟を伝えていった。

そんな中、母は快復していく。勿論、良き病院、治療法、ドクターとの巡り合わせがあってのことだが、Facebookの効果は絶大だったと痛感した。

あれから3年近く経ち、母も闘病中とはいえ、とても元気だ。そしてその3年で、私も、ほぼ毎日、SNSを通じて発信し続けていくことで、多くの恩恵を感じていくようになった。

それを今度は、メルマガやブログという形で発信していきたいと思うようになった。

トライ&エラーは、繰り返すのだろうけど、出発していきたいと思い、今に至りました。

 

 


スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ