フォトンベルト?~たまには事実のみを伝えるのもいいのかもしれない【第226回】

目安時間:約 3分

7月5日、7月6日と北部九州を大雨が襲う。ちょうど一年前の同じ日、朝倉市、日田市の水害があった日だ。

雨は止むことなく、豪雨レベルの雨は久留米市で降り続ける。私は妻を職場まで車で乗せて行き、自分の職場へと向かった。 雨は止むことなく、職場の雰囲気も午後からは、ざわつく…同日、麻原彰晃の死刑執行日というビックニュースもあったが、北部九州、西日本の雨への警戒のニュースがメインとなっている様子だ。

仕事関連の仲間から、夕刻近く、小郡市のイオンモールの駐車場で車が多く水没している写真がメールで送られてくる。この写メで一気に、深刻さが増した。

夕刻、妻を迎えに行く。娘は大学も休み、バイトも休みということで、一安心。妻を車に乗せ、帰路に着くが、どの道路も大渋滞。高速道路も閉鎖、鉄道も大きくダイヤが乱れてる。妻の職場を17:00過ぎに出発。

通常なら、妻の職場から我が家までは、車で約20分。7月6日、この日は3時間かかった。困ったのが、途中、尿意が催してくることだった。渋滞で車は進まず、途中、コンビニなども無さそうな状況が続く。

車中でも、何度もスマホから災害警報のメロディが流れる。車中では、妻と、ずっと話していた。 私のスマホには、心配している親族、友人知人から電話やメールが入ってきて、その対応をする。

国道3号線を走る。と言っても、明らかに歩く方が速い。19:40過ぎた頃、筑後川の上の橋を渡る、と言っても、低速と停止の繰り返しなので筑後川をじっくりと見る。

かなりの水位だ。危険度を感じる。

家に到着した。この帰路の3時間、雨は止むことはなかった、しかも豪雨である。

そして、今、この記事を書いているのは、明けて7月7日の午前1:23。ただ純粋に、祈る気持ちだ、〝雨よ止んでくれ〟〝筑後川よ氾濫しないでくれ〟人間は非力で無力、自然には逆らえない、どうすることもできない。そんなことは認めてるし、考えて論じるよりも、祈りの気持ちが大きく上回る。


スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ