ポイズン~たまには身体の叫びに耳を傾けるのもいいかもしれない【第254回】

目安時間:約 5分

(飲食中には、読まない方がよいかと思います。ご了承よろしくお願いします。)

 


帚木蓬生 著『悲素』を読んだ。実名は出さないものの和歌山ヒ素混入カレー殺人事件の話である。1998年に起きた事件だ。

 

1995年には、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた。毒薬によるテロ事件である。後に、私は村上春樹の『アンダーグランド』を読み、サリンというものを知っていく。地下鉄サリン事件、松本サリン事件という言葉を知っていても、サリンが人体にどのような影響をもたらすのか、そのインタビューを読んでて絶句する。

 

わずか、その3年後に和歌山で毒物による事件が発生すると、テロなのか…と思っても不思議ではない。しかし、長き時間をかけて、保険金詐取を毒物を使って行ってきた、一主婦の犯行がカレー事件という惨事を招く。

 

私の父は生命保険会社で、熱心に働いてきて、そして、今日の私があるので、当時の生保の闇、生保企業の持つシステムゆえにこのような事件も起きてしまったことを安易に頷けないところがある。

 

生保に罪は無いが、犯人は、生保で7年間勤め、業績はトップクラス、でも何故、トップを独占し続けたのか、そしてその7年間で得た保険の知識がどういうものだったのか、それを知れば知るほど、身の毛もよだつ…

 

事件当時、父に、話を振ってみた時、怒りと落胆に満ちた表情で、あまり語らない父の姿を思い出す。

 

小説の形を取りつつも、綿密な取材を重ねた、医学の土台もある帚木蓬生が解説する〝サリン〟そして〝砒素〟この目には見えず、いつ、どこに、混入されたり、散布されても分からない毒というものを知れば知るほど、恐ろしくなる。しかし、本当に怖いのは、毒そのものよりも、なぜ?だ。毒を混入し、散布するという《動機》だ。そして、その動機を知っても怒りと恐怖しかわいてこないのだが、動機が意味不明だと、表現できない感情に包まれる。

 

被害者の方々や、そのご家族の方々の心中を察しても、理解することは難しい。

 

砒素が体内に入ったら、どうなっていくのかを、『悲素』では、克明に描いていく。〝吐瀉〟〝吐く〟という症状が砒素が混入された食物を口にして10分内に激しく襲ってくる、短時間に何十回も吐く。病院へ搬送される、そこでも、運命が大きく分かれてしまう。

 

吐くことは止まることがなくひたすら、吐いてしまう。壮絶な苦しみだ。そこで、病院と医者によっては、吐くことを止める薬を投薬する。しかし、そのことが死を招く。

 

吐いて吐いて吐きまくることで実は砒素を吐き出しているのだ。吐くことを止められることで砒素は体内に残ってしまう。

 

日頃から薬を使用することが多い私だからこそ、記すのだが、薬で助かり、感謝もしている。反面、人体のシステムやメカニズムを理解することも大切だ。実は、私の対極にあたるパターンを取っているのが、私の妻である。薬もほぼ飲まず、病院にもほぼ行かない。

 

薬によって助けられるのは、事実であるし、なぜ服用するのか、それは即効性があるからだ。自然治癒とかは、とてもじゃないが待ってられない。

 

ところが、『悲素』を読んでて、人間なめんなよ、人体なめんなよ、という心の叫びも聞こえてくる。

 

嘔吐によって、毒物、毒素を体内から出す。発熱発汗咳鼻水くしゃみ下痢それらが、身体が菌や毒素と戦ったり、身体をリセットさせるためのサインだったりしている。実によく出来ている。それを投薬、服用するというのは、どういうことなのかを時々は考えなければ、ならないのかもしれない。

 

このことを理解出来るならば身体だけではなく、心においても同じことが言えるのではないだろうか…

 

心も嘔吐し、発熱し、下痢もするということであり、それが正常に戻ろうとする作用であるということを…

 


日日是好日 ティーセレモニー~たまには道と名のつく世界を堪能するのもいいかもしれない

目安時間:約 4分

友だちのNさんが、映画の試写のペアチケットが当たったのだが、当日行けないということで、私にプレゼントしてくれた。

それは、『日日是好日』という作品で10月13日公開予定で、女優•樹木希林の遺作ともなる。

不思議なもので、このペアチケットをプレゼントされなかったならば、劇場に観に行くこともなかったし、まして夫婦で鑑賞することもなかっただろう。とてもステキな作品で純粋に感動した。Nさんに感謝だ。

樹木希林という名女優を劇場でしっかり観る。『日日是好日』では、茶道の先生役。茶道が何たるものか、は私にとって無縁だが、作品で語られる茶道の世界は、仕事や人間関係にあてはまるものであり、今、壁にぶつかってる人が観ると、〝なるほどぉ〟と、ほっこりした心でシフトチェンジしていけるような作品だ。樹木希林は、モゴモゴと、ブツブツとセリフを吐くのだが、これが実に本質的で、心に沁みてくる。

2015年に出演された『あん』も超名作だ。樹木希林は、粒あんを作る老人として、登場するが、この、あん作りや茶道も、《人の生き方そのものを語っているようで》実に心に沁みてくるのだが、

様々な役をこなす樹木希林。上記の〝あん作り〟〝茶道〟のマスターかと言うと、一女優なので、職人や先生ではない、つまり演じているのであり、観客を感動までさせる演技に至るまでは、相当な練習を積み重ねているということだ…『日日是好日』で、女子大生2人に茶道を基本から教える場面だけでも、舌を巻く。自分が俳優だと想像したらお手上げで、放棄するだろう。そう思うと、やはり名女優なんだなぁと感じる。

上映開始前に、妻が、突然、「ごめん、寝るかもしれないその時は、ごめんね」なんて言ってきた。こんなの映画以上のエンタメだ。結局、最後まで寝ることは、なかったが、さすがに気になる、作風上、静かなシーンが多くて…妻は寝てないが、普通の鼻息のボリュームそのものが、大きめだということが、気になってしまう。シーーーーン としてる場面、横から、すーーすーーぴゅぅと妻の鼻息。

しかし、そんなことをかき消す新手の敵が登場する。上映開始で30分も過ぎてるのに、10歳くらいの孫を連れてきた、おばあちゃんが、席をかき分け、しかも私たちの、真ん前に座った。

んまぁーー、とにかく落ち着きのない孫に、カバンやらビニール袋をガサゴソと音を立てるおばあちゃん、お菓子やドリンクを要求する孫に、ガサゴソ応じるおばあちゃん、画面上には、茶道の美しき世界…茶道の真逆の世界が、目の前で展開しているのだ。すると、30分もすると、この2人が退席するという事態が起きる。孫が、耐えられなくて、ゴネて退席、そうか、そうか、と想像する私。それなら最初から来るんじゃないよ、しかし、待てよ、まさかトイレ?いやいや、とにかく、そのまま退席でお願いします。しかし、トイレだった…席をかき分け戻ってきて、ガサゴソガサゴソ、バリボリバリボリ、グビグビ、、トイレ行ってる間、あんなに、いい場面だったのに…

終映…苛立ち気味な雰囲気を醸しだしている私を察して、妻が、「映画っていろんな人が観にくるんだからね」と諭すように言ってくる。そう、鑑賞前に、寝るかもしれない宣言する人もいるのだ。

そもそも、あのおばあちゃんと孫は、なぜ試写会に来たのだろうか…『そりゃぁ、あんた余計なお世話ってものよ、ねぇあんただって、チケット譲ってもらわなかったら、観に来なかったんでしょ、ねぇ』と天国の樹木希林から言われてる気がした。

おばあちゃんと孫といえば、『あん』で、樹木希林は、実孫の内田伽羅(つまり本木雅弘•モッくんの娘)と共演していて、思い出しただけで目頭が熱くなる…


スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ