サニー~たまには10代の頃の自分を抱きしめてあげたいと思うのもいいかもしれない【第248回】

目安時間:約 4分

映画『サニー』を観てきた。よく耳にすることだが、韓国版『サニー』の熱狂的なファンからは、不評で、初めて観る人たちには、好評だということらいしが、それも真偽はわからない。その韓国版『サニー』だって2012年公開当時(日本)劇場はガラガラだった。

ところが、口コミで、どんどん広がっていって、上映劇場も増えていった。これは近年では『カメラを止めるな!』で、見た現象だが、『桐島、部活やめるってよ』『この世界の片隅に』も口コミ拡散型のヒット作品になっていった。 それは、誤解を招く覚悟で言えば、私たちのような50代の、おっさんが泣ける!泣けた!を連発し、SNSで拡散していったことは大きな要因とも思う。 何故だか、50代のおっさん達は、よく泣いてしまうのだ。※真偽はわからないが

たとえば、コギャルになったこともないし(なったらヤバい)コギャルの気持ちは、わからない、でも、若い娘たちが、笑って歌って踊って、はしゃいでる姿の、あのキラキラ感を見てるだけで泣けてくる。

ヒエラルキーの中で味わう、微妙な心情を見てるだけで、そのヒリヒリ感に泣けてしまう。

韓国版『サニー』を2回ほど観て落涙し、日本版は『サニー』どうなることやらと思ったが、やはり落涙した。すると、また韓国版を観たくなり、観て落涙。最近では、予告編の動画を観るだけでもウルウルしてしまう。こういうのが映画で楽しんでるという感覚だ。

別に、50代だけが、とかおっさんだけが、とか、そういうことを言いたいわけではない。『サニー』などの秀作を観て泣いたりしてしまうのは、〝10代の時の自分に声をかけてあげたい〟ということであり、〝10代の頃の自分を抱きしめることで、今までの自分はそして今の自分はこれでよかったんだ〟ということが、人間の、いや、おっさんの、いや、人間の本質的な部分じゃないかと思うのだ。

その時に大きく作用してくるのが、当時、流れていた音楽、ハマって聞いてた音楽。今、スマホに多くの楽曲を入れて毎日、聞いているが、ほとんどが80年代〜90年代の楽曲だ。※あとアニソン《音楽の力は偉大だ》

90年代くらいまでは、TVから流れていた楽曲、毎週楽しみだったドラマの主題歌、楽曲そのものが、街で流れていた、仲間がそろえば音楽を流して、その時間と空間を共有していた感が強かった、という気がする。一緒に歌ったりしていた。

当時の私たちは、まさか、ひとりひとりがスマホで大量の楽曲をダウンロードして、イヤホンでシャカシャカ聞いているなんて光景を想像できなかった。

『サニー』日本も韓国も、ストーリー的にはベタで、テッパンなのに、ささるのは上記のような内容の共感と共鳴ゆえかもしれない。

おっさんたちの再会と、女性たちの再会とは、意味が違ってくる気がする。女性たちの人生は大きく変わる。友だちは大切だ、親友だと言ってたのに、呆気なく会わなくなり、どこで何をしてるかも、こんなにSNSの便利な時代なのに、所在がわからない…そして、わざわざ探そうとも思わない。

なので、〝永遠の仲間たちだ!〟〝強い気持ち!強い愛!〟というフレーズに、憧憬の思いを抱くのかもしれない。

メルマガ登録

このブログでは、毎週日曜日と水曜日に配信しているメルマガからセレクトしてお届けしています。 毎回の記事を読みたい方は、こちらからメルマガに登録してください。


comment closed

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ