ポイズン~たまには身体の叫びに耳を傾けるのもいいかもしれない【第254回】

目安時間:約 5分

(飲食中には、読まない方がよいかと思います。ご了承よろしくお願いします。)

 


帚木蓬生 著『悲素』を読んだ。実名は出さないものの和歌山ヒ素混入カレー殺人事件の話である。1998年に起きた事件だ。

 

1995年には、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた。毒薬によるテロ事件である。後に、私は村上春樹の『アンダーグランド』を読み、サリンというものを知っていく。地下鉄サリン事件、松本サリン事件という言葉を知っていても、サリンが人体にどのような影響をもたらすのか、そのインタビューを読んでて絶句する。

 

わずか、その3年後に和歌山で毒物による事件が発生すると、テロなのか…と思っても不思議ではない。しかし、長き時間をかけて、保険金詐取を毒物を使って行ってきた、一主婦の犯行がカレー事件という惨事を招く。

 

私の父は生命保険会社で、熱心に働いてきて、そして、今日の私があるので、当時の生保の闇、生保企業の持つシステムゆえにこのような事件も起きてしまったことを安易に頷けないところがある。

 

生保に罪は無いが、犯人は、生保で7年間勤め、業績はトップクラス、でも何故、トップを独占し続けたのか、そしてその7年間で得た保険の知識がどういうものだったのか、それを知れば知るほど、身の毛もよだつ…

 

事件当時、父に、話を振ってみた時、怒りと落胆に満ちた表情で、あまり語らない父の姿を思い出す。

 

小説の形を取りつつも、綿密な取材を重ねた、医学の土台もある帚木蓬生が解説する〝サリン〟そして〝砒素〟この目には見えず、いつ、どこに、混入されたり、散布されても分からない毒というものを知れば知るほど、恐ろしくなる。しかし、本当に怖いのは、毒そのものよりも、なぜ?だ。毒を混入し、散布するという《動機》だ。そして、その動機を知っても怒りと恐怖しかわいてこないのだが、動機が意味不明だと、表現できない感情に包まれる。

 

被害者の方々や、そのご家族の方々の心中を察しても、理解することは難しい。

 

砒素が体内に入ったら、どうなっていくのかを、『悲素』では、克明に描いていく。〝吐瀉〟〝吐く〟という症状が砒素が混入された食物を口にして10分内に激しく襲ってくる、短時間に何十回も吐く。病院へ搬送される、そこでも、運命が大きく分かれてしまう。

 

吐くことは止まることがなくひたすら、吐いてしまう。壮絶な苦しみだ。そこで、病院と医者によっては、吐くことを止める薬を投薬する。しかし、そのことが死を招く。

 

吐いて吐いて吐きまくることで実は砒素を吐き出しているのだ。吐くことを止められることで砒素は体内に残ってしまう。

 

日頃から薬を使用することが多い私だからこそ、記すのだが、薬で助かり、感謝もしている。反面、人体のシステムやメカニズムを理解することも大切だ。実は、私の対極にあたるパターンを取っているのが、私の妻である。薬もほぼ飲まず、病院にもほぼ行かない。

 

薬によって助けられるのは、事実であるし、なぜ服用するのか、それは即効性があるからだ。自然治癒とかは、とてもじゃないが待ってられない。

 

ところが、『悲素』を読んでて、人間なめんなよ、人体なめんなよ、という心の叫びも聞こえてくる。

 

嘔吐によって、毒物、毒素を体内から出す。発熱発汗咳鼻水くしゃみ下痢それらが、身体が菌や毒素と戦ったり、身体をリセットさせるためのサインだったりしている。実によく出来ている。それを投薬、服用するというのは、どういうことなのかを時々は考えなければ、ならないのかもしれない。

 

このことを理解出来るならば身体だけではなく、心においても同じことが言えるのではないだろうか…

 

心も嘔吐し、発熱し、下痢もするということであり、それが正常に戻ろうとする作用であるということを…

 


リブロ~たまには集中して読書するのもいいかもしれない【第215回】

目安時間:約 4分

私の住んでいる久留米市のとなり町に小郡市がある。読書好きの私にとっては、直木賞作家 東山彰良 先生が住んでおられる。

友だちが、小郡市で飲食店を経営していて、人気店で、私も時々、食事に行っている。「東山先生が来られたんですよ」という電話やメールを受けたりする。

そして、つい最近も作家の帚木蓬生 先生がお店に来られて、お食事されるという電話をいただいた。

私が読書好きで、本好きということを知っているので、連絡があった。お食事の誘いも受けた。とても胸が踊る、ワクワクする。

このメルマガで、菊池桃子のことを書いたことがあったが、(※学生時代、菊池桃子のファンだった私が、バイクで旅に出て菊池桃子に偶然、旅先で出会って、話をしたという話)人生では、素敵で不思議なことが起こるものだ。

これまたウソではなく、若気の至りか、小説家になりたかった私は、高校生の頃から、とにかく書くということを続けて、10代後半では小説も書いた。しかし、小説家にはなれないと呆気なく判断したヘタレだが、書くのは好きだから、今でもこうして何かを書いている。

久留米市に住む私は図書館を愛用し、よく郷土作家コーナーの本を借りて読んでいる。 こんなにも、優秀な作家が、このご当地には、いるのかと、改めて感動する。

その中でも特に愛読するのが帚木蓬生(はははぎほうせい)作品だ。福岡県小郡市出身で東大卒、TBSに入社、北九州では病院も営んでおられる、医療でも小説でも先生というわけだ。小説のジャンルも幅広い。

だいたい週に1回、図書館で数冊本を借りて読むというのが私のライフスタイルの一部分ではあるが、不思議だなぁと思うのが、ここ最近、帚木作品を、コンスタントに読み続けていたということだ。『水神』上下巻『ソルハ』『ネガティブケイパビリティ』『天に星地に花』『聖灰の暗号』上下巻そして定期的に、〝ギャンブル依存症〟関連書、それは、私がギャンブル依存症ということではなく、その悩みの相談を個人的に、受けることが、多いからだ。

何だか、血流が帚木蓬生の温度感のある状況の時に、そのお電話をいただいたので、ランチの予約を入れて、できるならば、失礼の無いよう気をつけて、帚木蓬生本を持参してサインしていただきたいと思って、『三たびの海峡』とマジックを持って、その日を迎えた。

先生たちの会食を邪魔するわけにはいかないので、声をおかけするタイミングは、友だちが計らってくれた。私は、このお店の人気メニューのコムタンクッパを食べて、満足感に浸っていた。その後…

私は先生の大ファンと紹介されて10分近く、会話をさせていただけた。 上記に挙げた作品の感想を伝えた。

ミーハーっぽくも、遠慮がちに、サインのお願いをしたところ、当然のように、素敵なカバンから素敵なペンケース、そこから筆ペンを取り出し私が持参した『三たびの海峡』の空白部分に、私の名前と、先生のサインをスラスラと書き、印鑑をグッと押してくださった。

これまた、ミーハーっぽっく、「写真も、一緒に撮らせてもらっていいでしょうか…」先生は満面の笑みで、当然のように、「どうぞ、どうぞ」とパシャリ。追い討ちかけるように、ミーハーの極みで、「先生、インスタやフェイスブックにアップしても、よろしいのでしょうか…」更なる満面の笑みで、「どうぞ、どうぞ」と応えてくださった。

というわけで、その日に、インスタとfacebookにアップさせていただいた。

とまぁ、自慢めいた話を書きつつ、そんなことより、まともなことを伝えるとするなら、

《読書は素晴らしい》

《好きなことを通して出逢う 出逢いは素晴らしい》そして《帚木蓬生 作品は素晴らしいので多くの方に読んでいただきたい》ということだ。


スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ