ディザスター~たまには防災にはシビアに取り組むのもいいかもしれない、んにゃ必要【第244回】

目安時間:約 4分

今日は9月9日、救急の日かどうかは知らないが、日本国民誰もが、災害のことは、深刻に受け止めていかねばならない。天災は、どうにもならない、しかし、大概、わからなければならないだろう、地震、台風、火山、いつでもどこにでも来るということを。

過去30年間くらいを振り返ってみても、メディアの弊害も大きいと思う。いや、テレビのおかげで助かってるというのも事実だが、我々が目にするのは災害後の状況を放送で目にするので、情報として、ありがたいと思うのだが、錯覚がそこに生じているのかもしれない…

例えば、気象庁の人がテレビで危機性を訴えても、大半の人が真剣に聞いてない、受け止めていない、そもそも、専門用語の使い分けもわからないし、何を言ってるのか、わからない。となると、気象庁からすれば、もう、それはそっちの勝手でしょ、とボヤきたくなるのかも知れない、しかも、パソコンやスマホでハザードマップまで見れるようにしている、でも多くの人はハザードマップとか知らないか使用をしない。

テレビを見てても避難しないけど、知り合いの、遠方にいる家族からの電話で、事の重大さを知って避難して、命が助かったという話も聞く。

この度の大阪をはじめとする関西圏の台風、北海道の地震、SNSで安否の確認は、即、取れたし、現地の状況も写真や動画が送られてくる。テレビのニュースの映像も、スマホでSNS上にアップされているものが、多く使われている。

つまり、垂れ流しの分からな情報より、身近にいる、信頼をおける知り合いの言葉である。とは言えSNSこそ、嘘まみれの垂れ流しもハンパない。

メディアやSNSも重要だが、自治体における防災リーダー、防災スペシャリストが、ある程度、災害発生前に動くことが必要ではないかと思う。そんな余裕はない、それどころではない、と言っても、これだけ災害立て続けの災害国家なのだから、重要なことと思う。

大阪の台風の時、テレビで大阪からの中継で、強風吹き荒れる中、ニコニコしながらスマホで写真撮ったり、動画撮ったり、自撮りしてる光景が放送されるの見てると、危なっかしくて、複雑な心境になる。

表現の自由というものがあり、こうして私もメルマガを配信しているわけだが、、ユーチューバーたちの、大食いだの、試してみただの、ユーチューバーたちが集ってあれこれいろんなことやっている、そういうの見ると、吐き気がしてくる。もう〜頼むから、やめてほしい、動画をアップする神経も理解できないが、それだけ多くの視聴者がいるというのに理解に苦しむ。これが小学生たちの憧れの職業かと…影響力あるんだから、防災や災害や、日頃からどうしていたらいいのかなどのプチ知識などの動画が、少しはあってもいいんじゃないだろうか。そんなユーチューバー山ほどいるんじゃないかと。災害国家だというのに、大食いとか、食べ比べとか、大金はたいて何買ったとか、マヂどうでもいいからやめてほしい。


フォトンベルト?~たまには事実のみを伝えるのもいいのかもしれない【第226回】

目安時間:約 3分

7月5日、7月6日と北部九州を大雨が襲う。ちょうど一年前の同じ日、朝倉市、日田市の水害があった日だ。

雨は止むことなく、豪雨レベルの雨は久留米市で降り続ける。私は妻を職場まで車で乗せて行き、自分の職場へと向かった。 雨は止むことなく、職場の雰囲気も午後からは、ざわつく…同日、麻原彰晃の死刑執行日というビックニュースもあったが、北部九州、西日本の雨への警戒のニュースがメインとなっている様子だ。

仕事関連の仲間から、夕刻近く、小郡市のイオンモールの駐車場で車が多く水没している写真がメールで送られてくる。この写メで一気に、深刻さが増した。

夕刻、妻を迎えに行く。娘は大学も休み、バイトも休みということで、一安心。妻を車に乗せ、帰路に着くが、どの道路も大渋滞。高速道路も閉鎖、鉄道も大きくダイヤが乱れてる。妻の職場を17:00過ぎに出発。

通常なら、妻の職場から我が家までは、車で約20分。7月6日、この日は3時間かかった。困ったのが、途中、尿意が催してくることだった。渋滞で車は進まず、途中、コンビニなども無さそうな状況が続く。

車中でも、何度もスマホから災害警報のメロディが流れる。車中では、妻と、ずっと話していた。 私のスマホには、心配している親族、友人知人から電話やメールが入ってきて、その対応をする。

国道3号線を走る。と言っても、明らかに歩く方が速い。19:40過ぎた頃、筑後川の上の橋を渡る、と言っても、低速と停止の繰り返しなので筑後川をじっくりと見る。

かなりの水位だ。危険度を感じる。

家に到着した。この帰路の3時間、雨は止むことはなかった、しかも豪雨である。

そして、今、この記事を書いているのは、明けて7月7日の午前1:23。ただ純粋に、祈る気持ちだ、〝雨よ止んでくれ〟〝筑後川よ氾濫しないでくれ〟人間は非力で無力、自然には逆らえない、どうすることもできない。そんなことは認めてるし、考えて論じるよりも、祈りの気持ちが大きく上回る。


ディスコネクト~たまには配信を止めるのもいいかもしれない【第222回】

目安時間:約 3分

大阪で地震が起きた。親戚や友人に連絡を取ると、皆、明るく元気な声で無事を伝えてくれた。

大事に至らなかったことに感謝します、と同時に恐れも抱いてしまう。

私は福岡県久留米市に住んでいるので、地震といえば、福岡西方沖地震と熊本地震で地震を体験した。その恐怖は、残りつづけている。阪神淡路大震災、東日本大震災の映像や情報を直視することも出来ないし、想像するだけでも、震えてしまう。

被災されながらも強く生きる人たち、被災地に直行し、救助、援助する人たちを心から尊敬する。年月をかけて、復旧していく街やシステムを見てると、敬意を抱く。神戸に拠点に置くオリックスが日本シリーズで優勝し、仙台に拠点を置くイーグルスが日本シリーズで優勝する。人間には、こんなドラマがあるのだと感動する。

私は、基本的には、インスタやフェイスブックで、ほぼ毎日、発信しているし、このようにメルマガも週2回、配信している。

大阪での地震の時はSNSでの発信をやめた。映画や読書や食事をアップする気にならないだけだ。そこにいろいろ定義やルールは持ち込みにくい…が、ここ数年で、何度もそういうことはあった。世界では、悲惨なことが毎日起きているじゃないか!その悲惨なことと大阪の地震の差は何なのか⁈という声はいちいち届きはしないが、その差は説明できないし、では、SNSでの発信は全てやめるかというと、それはやめない。

そういった状態を矛盾とか偽善と言われても、何も言い返す気にもならない。

こういう世界は100人いたら100通りの考えと表現があるだろう。地震で怯えてる人たちがいても、何を食った美味い!こんな食べ方あんな食べ方に挑戦!みたいな動画をアップするユーチューバーたちの心境を理解できない。

しかしもう、そこはとやかく言えない。私も呑気にメルマガを配信しているのだから…SNSで多くに発信し、多くと繋がっているはずだろうに、こんな無神経動画をアップするというのは、人間は繋がっていないんだろうと感したりする。何ともややこしい世界になっている気もする。

大阪地震の当日や、翌日に、YouTubeで視聴数が上昇していたのが、誰かも知らんが予言者が6月21日に、日本に大地震が来る!というものだった。

視聴数が多いということも、複雑な気持ちだが、何よりこのタイミングで、こういう動画をアップするという神経が理解できない。お前誰なんだよ⁈予言者ってまた、この動画をアップしているの、誰なんだよ⁈

仮に、その予言が当たったとして、誰が得するの?マーーーーーーヂで、誰も得しないよ、そんなの。


ファンタジスタ~たまにはサッカー観戦するのもいいかもしれない【第216回】

目安時間:約 4分

イニエスタがJリーグへ移籍。神戸へやってくる。

何とも不思議な感覚だが、関西圏や神戸に親戚が多くいる私は、昨年11月に弟と運転を交代しながら軽自動車で福岡から神戸2泊3日の旅をこのメルマガでも配信した。

ロマンティックでエキゾチックな神戸、震災から立ち上がるエナジーを持つ神戸。江戸時代、何もなかったであろう浜辺の村に、勝海舟は、海軍操練所を作った、そんな神戸。

阪神淡路大震災を体験し、死生観を突きつけられたエリート街道を生きていた、三木谷浩史は、ネットモール楽天を立ち上げる。三木谷浩史は野球チームとサッカークラブチームのオーナーでもある。

私は楽天ユーザーでも無いし楽天カードマンのファンでも無いし、三木谷氏の死生観も戦略もビジョンも知らないが、東日本大震災後の東北に、楽天イーグルスが日本一をもたらしたドラマには涙した。

市井を生きる私には、三木谷ワールドは一生わからないことだろう…しかし、彼の情熱やビジョン、そして死生観がイニエスタを神戸に呼んだのだと思う。

孫正義のソフトバンク三木谷浩史の楽天しょせん金、金にモノ言わせやがってというのは陳腐だ。金だけじゃぁないものが、そこにはあるのだろう。

ちなみに、その金だが、イニエスタの推定年俸32億と言われている。インスタグラムのフォロワー数は7400万人。彼が「神戸最高!」「神戸牛最高!」「神戸のスタバ最高!」と発信すれば、7400万人がそれを見ることになる。

Jリーグプレイヤーとして日本各地へ試合に行く。私の住んでいる久留米の隣町の鳥栖市のサガン鳥栖のスタジアムにも来て、試合後に、久留米ラーメンを食べることになるかもしれない。イニエスタが久留米の名店丸星ラーメンに来店しても働いている、おばちゃん店員は、それが誰かも分からないだろう。まぁ、来ないだろうけど、来たとして、「トンコツマルボシサイコー」とアップしたら7400万人が丸星ラーメンを知ることになる。働いているおばちゃんの方々は、そんなことは知ることもなく…

年俸32億、フォロワー7400万人のファンタジスタが、発信するという世界が、どういうことか、これから神戸という街は実感していくことだろう。

単なる偶然とはいえ、このメルマガが200回越えた時、サブタイトルを〝ファンタジスタ〟としたことにも、不思議なシンクロ感を感じる。


世界中を魅了するファンタジスタが影響を受けたのは、日本のマンガ&アニメ『キャプテン翼』である。イニエスタが所属していた、世界最高峰のクラブチーム、バルセロナで、大空翼は活躍していくことになる。そして原作者 高橋陽一は、バルセロナでイニエスタに近年、会っている。

世界中には、企業家や発明家が多くいて、評価されているわけだが、、世界中に影響を与えた作品を生み出した作家、特にマンガ家、鳥山明や大友克洋そして高橋陽一こそもっともっと評価されるべきであり、私たち日本人も、彼らを誇るべきである。


イクスプロージョン~たまには爆発するのを知らせておくのもいいかもしれない【第214回】

目安時間:約 5分

日本中が日大アメフト部の一件で、騒然としている。この件に関しては、私もその一人だが、SNSで発信する人たちは、誰もがジャスティスリーグ感で日大のおっさん達をバッシングしまくる。

私は、違う切り口で、考察してみよう、なんてセンスは無いので、そこそこのことを書いていこうと思う。

最近、映画『孤狼の血』を観てきて、感動した。舞台が昭和の広島、ヤクザと警察、豪華キャストで描かれるバイオレンスとなれば、誰もが『仁義なき戦い』を想像するだろう…

日大アメフト部騒動中に、鑑賞する『孤狼の血』は、ひと味違う感覚を覚えた。

ヤクザといえば、鉄砲玉、服役して、出所してきたら、格が上がる、組を持たせてやる、という世界。しかし、最近はヤクザ映画より警察映画の方がリアルで人気もある。そして違う意味で怖い…

警察映画、警察小説といっても、タフな刑事が銃をぶっ放して、カーチェイス、ニックネームを持った個性的な刑事たちが大活躍なんてものは、見向きもされない…私が小学〜中学生の頃は、それが主流だったのだが。

キャリアとノンキャり、警視庁と警察庁の軋轢、隠蔽と癒着、権力と保身、その最下層で、身を犠牲にして生きる末端の刑事や警察官。こういった話がウケているのは周知の通りだ。

ウケるといえば、池井戸潤の企業小説。そしてそれは人気作品なので、映像化され、そのどれもが不発で低視聴率ということは、まず無い。

半沢直樹がシャウトすると、企業戦士たちはカタルシスを感じてブルーマンデーに出勤していく。中でも、私が、このメルマガでも幾度も書いてきた、好きなシーンというのは、『下町ロケット』でのバカリズムの告発シーンだ。場合によっては、泣いて観た時もある。バカリズムだけに(は余計)バカにされバカにされ、コケにされ、干され、生気を吸い取られたような状態の彼が、大企業の不正をリークして、企業と社長を撃沈する。

一発の魚雷が…いや、弾薬庫にある爆弾を爆発させて、自分が乗っている巨艦を沈める…

こういったシーンやエピソードにカタルシスを覚えるのは私だけではないはずだ。カタルシスを覚えるのは、権力に逆らえず、抗えず、黙々と働く末端の人たちであり、こんなドラマのワンシーンを鼻で笑い、関心も持たないのは権力を行使できる上層部だ。

どうして、こんな映画やドラマや小説がヒットして、人気があって継続して作られているのか、いい加減に学習してくれよ、と思う。人間、尊重しろよって話だ。パワハラで自殺まで追い込む企業や組織は、もう時間の問題かもしれない。自殺するなら撃沈だ。しかもクーデターでも無く、テロでも無く、人間として良心に従って行動するということが、どんどん起きてくるだろう。

《1個の小さな爆弾が巨艦を 沈める》

日大に個人的に怨みは無いが、日大アメフト部は沈没するかもしれない…それどころか、日大受験希望者も激減するかもしれない…彼と日大の戦いでもあるかも知れないが、彼は自分の良心の戦いに殉じたのだと思う。チームメイトたちの人生も、複雑に急変していくだろう。何のために、朝から晩までアメフトにかけてきたのか…と。

権力をもつものは保身になる。そしていずれ暴かれ崩壊する。SNS時代でなければ、闇で消えていた話だったかもしれない。

毎日、テレビ見ながら、「日大アメフト部ひどい」と騒いでいる、あなた(我々)の会社や組織で日々、同じことが、起きているわけで、ミートゥーで実行する人たちが群発してくるかもしれない…

ある国のある1つの大学のスポーツ部で起きたことだがあぁ、あの国はそういえば、企業も政治家も官僚も警察も、みんな同じ構造なんじゃん!って距離を置かれていくのもそんな遠い日のことではない。

優秀で素晴らしい人格者や技術者たちは、どんどん他国へ持って行かれるかもしれない…


1 2 3 5
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ