空母いぶき【第189回】

目安時間:約 4分

かわぐちかいじの漫画『空母いぶき』をご存知だろうか?現在8巻まで刊行されているので、今のうちに読まれることをおススメする。現在の日本と中国、そして沖縄の関係を考えれば、ただの漫画として軽視することはできない。

かわぐちかいじ作品は多くあるが、私にとって中学の終わりから高校にかけて麻雀に興じた期間、かわぐち麻雀漫画は別格だった。特に熱狂したのは、小島武夫を描いた『はっぽうやぶれ』だったのだが、その後、様々なジャンルを描く中で、国家や世界を描く作品が、登場してくる。(※いずれもググッてみてね)『沈黙の艦隊』『ジパング』そして『太陽の黙示録』だ。

『太陽の黙示録』は2002年から連載開始、舞台は現代の日本に巨大地震が発生して、日本は琵琶湖あたりから、真っ二つに割れてしまい、それをアメリカと中国が統治、同じ民族でありながら対峙するという朝鮮半島を思わせる状況を描く。2008年初頭にこの〝群雄編〟を終え、そこから〝建国編〟が始まる。大震災によって世界中に避難民として生きる500万人の日本人たちが、アメリカも中国も手をつけていないグレーゾーンのエリアに集結して、建国を図る壮大な話。〝群雄編〟が朝鮮半島のイメージなら〝建 国編〟はイスラエルをイメージさせる。連載は2010年の暮れ頃に終了した。コミックで最終巻が発売されて、巻末には、かわぐちかいじによるライナーノーツが記される。それが2011年を迎えた時のこと、その後に3月11日 東日本大震災が発生した。

そして…『空母いぶき』の連載が2014年から始まる。これは20XY年という設定だが、今という設定で読めばいいと思う。日本は〝自立国家〟となるべく〝戦える日本〟となる、その象徴が〝空母いぶき〟という空母である。中国は、露骨に動きだす。日本と中国、戦わばどうなるのか、この作品は現在コミック8巻くらいまではアメリカは、ほぼ動かない、あくまでも日本が中国と直接、戦うという戦況を描いている。•沖縄に中国軍が上陸、一般 市民(日本国民)を武装に よって監視下に置く。•自衛隊による戦闘が陸海軍 で展開される。•戦闘で1人、戦死するごとに 政府、外務省、国連、メデ ィアがどう動くのかを詳細 に描いている。

「日本が空母いぶきなんかを作って、強気に出たから、こんな事態になっていったんじゃないか!」という世論は当然、出てくるが、メディア、反対派世論以上に、首相の信念とリーダーとしての苦悩や決断を描く。これは明らかに安倍晋三首相のイメージで描かれていると思うが、それはある意味、実際、今の日本がこういう緊迫状況にあり、しかも中国だけでなく、北朝鮮、ロシア、まで考えると、モリカケ問題での安倍おろし劇場なんてのは話にならない、というのを悲しいことにマンガの方が、何100倍もリアルに伝えてくれる。

「ちみねぇ、何言ってんのマンガの話だろう?そんな事、本気になったりしたらダメだよ、ちみぃ」という声もあるだろう。しかし、逆に言えば、

【こんなマンガ以上の想像やイメージすら抱けないとしたら…】

かなり危なくヤバいとも言えよう。日本、自衛隊、憲法、中国、沖縄、北朝鮮、ロシア、北海道、これらのワードで何もセンサーに引っかからない国民が30%以上になったら、多分、簡単に乗っ取られてしまうことだろう。もう既に、どんどん乗っ取ら始めているかもしれないというのに…


スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
リンク

ページの先頭へ